CATEGORY / 未分類

こだわりたい品質

2人の愛の誓いである婚約指輪。買い直すことがないものだからこそ、一生モノの品を選びたいものです。無理をしてまで高いものを買うことはないですが、出来るだけ良いものを選びたいというのが人情ではないでしょうか。婚約指輪の定番とも言えるダイヤモンド。その品質を見極めるポイントを探っていきたいと思います。

ダイヤモンドダイヤモンドの品質といえば、多くの人が「カラット」という単位を思い浮かべると思います。カラットというのはダイヤモンドの重さの単位のことで、大きさの単位ではありません。大きければ大きいほど、ダイヤモンドの直径も大きくなります。ダイヤモンドの色の単位である「カラー」はDからZまでの23段階に分かれていて、Dが無色透明、そこからZに向かうにつれて黄色味を帯びてきます。透明度の単位は「クラリティ」といって、一番品質が高いのが「FL(フローレンス)」、「I1〜I3(インパーフェクト)」は耐久性に問題がある場合があります気をつけましょう。カットは5種類の単位で分かれており、上から「Excellent」「Very Good」「Good」「Fair」「Poor」となっております。

決して値段の高い指輪が最高というわけではありません。このような予備知識を持って指輪を購入することによって、ある程度の品質の見極めが出来るかと思われます。

選ぶのは1人で?2人で?

サプライズ婚約指輪を購入するときは1人で選ぶのが良いのでしょうか。それとも2人で選ぶのが良いのでしょうか。婚約指輪をプレゼントするのは、やはりロマンチックなシチュエーションでサプライズをしたいという人が多いのではないかと思います。しかし、デザインや指のサイズなど相手が居ないと決めにくい事も沢山あります。果たしてどちらが正解なのでしょうか。

1人で選ぶメリットは、先ほどお伝えした通り、相手を驚かせることが出来るという点です。一生のパートナーから内緒で婚約指輪を貰うというイベントは人生の宝物になること間違いなし逆に、2人で選ぶメリットは細かな相手の好みを確認しながら段取り良く婚約指輪を購入することが出来る点です。

また、指輪の購入には意外と時間がかかるものです。既製品でも1ヶ月くらいは待つ必要があると思っていてください。フルオーダーの婚約指輪でしたら、半年前くらいから注文しておいた方が無難でしょう。自分と相手の好みを把握することも考えると、時間には余裕を持って臨んだ方が良さそうです。

調べてみて思ったのは、婚約指輪を1人で選ぶにしても、2人で選ぶにしても、大切なのは相手に贈るという気持ちなのではないでしょうか。是非結婚生活を頭に思い浮かべながら婚約指輪を選んでみてください。

参考サイト>>>WAKO BRIDAL
└広島市にあるジュエリーショップのサイトです。

婚約指輪を買うにあたって

一生に一度の買い物である婚約指輪の購入。誰しもが初めての体験に戸惑うことでしょう。婚約指輪を購入するにあたって注意すべきポイントや品質を見るときに気をつけるべきポイントとは、どこにあるのでしょうか。

婚約指輪婚約指輪を渡すときには、男性も女性もサプライズに憧れる人が多いと思います。そのためには、婚約指輪を事前に1人で購入する必要がありますが、そうした場合、相手の好みや指輪のサイズを前もって確認しておく必要があります。それとなく聞き出したり、友人や家族にアドバイスをもらうというやり方もありますが、本当に指輪にこだわりがある場合には2人で指輪を選んだ方が後々納得出来るかもしれません。また、婚約指輪のスタンダードである宝石、ダイヤモンドの品質にも気を配りましょう。ダイヤモンドには「カラット」「カラー」「クラリティ」「カット」という、それぞれの項目があり、その項目の品質が高いほど値段が高くなっていく傾向があります。「クラリティ」という透明度の項目では「インパーフェクト」と呼ばれる1番下のランクを選んだ場合、品質はもちろんのこと、耐久性にも問題がある場合があるので、そこには十分と気をつけるべき必要があると思います。

永遠の愛を誓い合う2人にとって、婚約指輪の購入はとても大切なものです。「もしも、相手に喜んでもらえなかったらどうしよう」と心配になっている人も多いと思います。そんな人の力になれる記事を書かせていただきました。どうか参考にしてみてください。

loading
×